Works - NEW

帰化不能外国人としてアメリカ市民権を得ることが出来ない一世と、
日本人の顔をした日系アメリカ人の二世。

”a Study of identity”および”a preparation of minds”は、日本にもアメリカにも属することが出来なかった
第二次大戦(前ー中ー後)の彼等の葛藤や、両国間の狭間で揺れる日本人移民と日系アメリカ人二世三世たちの
心情を理解し表現しようと努めた作品であり、現代社会に於ける人種の多様性や共存のあり方についての疑問を意識して
作った作品とも言える。
 多くの問題を抱えつつ、しかしそれを乗り越え発展してきたアメリカと日本人移民・日系アメリカ人が歩んで
きた歴史を学ぶことは、違いを共有し共存するとはどういうことか?という問いかけを理解するのに有意義な
方法であると言える。今後さらに外国人労働者を必要としている日本社会に生きる私達が、彼らが負った過去の
出来事や、少数民族としてさまざまな困難と闘いそして築いてきた歴史から学べることが多いのではないか。
 民族の多様性や共存が抱える問いについて明確な答えを提示することは難しい。各々の人種が有する文化的思想や
背景を無視し、違いを異物として排他的に捉え無意識に排除しようとしてないか?、無知ゆえの不安や脅威という認識で
差別感情を持っていないか?など問い続け、一つ一つの問題を乗り越え解決し、私たちの他者に対する認識や捉え方が
発展していくことが、より良い関係や社会を生み出していけるのであるならば、この作品が鑑賞者にとって、
その問いの気づきとなれたなら幸いである。

a study of identity

Oil and Photo emulsion on aluminum
Oil on aluminum
Photo emulsion on aluminum
178 × 127 mm each
2016
large size image

Photo by Shintaro Ueyama

a study of identity

Photo emulsion on Paper in frame (center)
630 × 1240 mm
2016

Oil and Photo emulsion on aluminum in mirror frame (side)
287 × 232 mm each
2016
large size image

Photo by Shintaro Ueyama

a study of identity

Oil on aluminum
305 × 305 mm each
2016
large size image

a preparation of minds

Photo emulsion on aluminum
259 × 177 mm each
2015

>

<